メインイメージ画像

AT限定免許でのドライバーの求人は募集内容をチェックしましょう

トラックの運転において、ドライバーの求人ではほとんどの場合、MTを使えるかどうかというのが大切になっています。MTというのはマニュアル車を運転することが出来るかという話であり、これが可能なら使える車が多くなっているのです。ドライバーのほとんどはMT車を利用することになりますから、当然使用できるための資格というのは大事になっています。しかし最近ではAT限定とされている求人が出ています。

AT限定となっている場合、オートマの運転が可能であればMT免許でも応募することはできます。しかしAT限定とされている求人は非常に少ないために、どうしても利用したいと考えても見つけることが不可能になっています。

最大の理由としては、ATよりもMTの方が多くなっているためで、トラックなどの運転はMTで行っているようなところもあります。AT限定でも運転できるものはありますが、いろいろな機能を利用することとなるため、そう楽ちんに発見できるものではありません。

小型トラックであるならドライバーの採用を考えている会社もありますが、そんなに多いわけではない点に注意しておく必要があります。勿論AT限定としてドライバーの求人を出している所が無いわけでもありませんが、AT限定というのは運転できる車種がそこまで多くないことに繋がっているため、もしかしたら運転ができる物が少ないために利用できない可能性があります。

そのため求人などを見つける際には、とりあえずさまざまなものを探してみて、AT限定でも運転できる車があることを記載しているか、AT限定でも大丈夫ですという記載があるものから選ぶことになります。

ドライバーはそうした情報を得ておかなければ、いい求人が見つけられません。AT限定での免許を持っている人は、なかなか求人に応募してもドライバーにはなれませんが、中には認めてくれる所もあります。AT限定で運転できる小型トラックから、8トンくらいのトラックは容易に運転ができますので、そういった求人を探していくとさまざまな業務が出来るかもしれません。